皆様に健康的で美しい笑顔を取り戻して頂きたいと思っております。
悪い歯並びを放置することで虫歯や歯周病にかかりやすくなるばかりでなく、不安定な噛み合わせが原因により、頭痛・肩こり等を引き起こすこともあります。
矯正治療で良好な歯並びを獲得し、美しく健康的な笑顔に生まれ変わりましょう。

悪い咬みあわせ・歯並びのデメリット

•歯がよく磨けないので、虫歯や歯ぐきの病気になりやすい。
•上下のあごの発育や顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
•正しい発音がしにくくなる。
•よく噛めないために胃腸に負担がかかる。
•人前で笑えないほどの心理的な問題を起こす事がある。

矯正治療を行うと

•食べ物がよく噛めるようになって胃腸の消化を助ける。
•口元が整って、表情が美しくなり、自信が生まれる。
•精神が安定して、学業やスポーツの成績が向上する可能性がある。

矯正治療の方法は

矯正には、
•ワイヤー矯正
•舌矯正(裏側の矯正)
•インプラント矯正
•クイック矯正(補綴矯正)
•ダイレクトボンティング法
•外科矯正
•小児矯正(子供の矯正)
•マウスピース矯正
様々な方法があります。新しい矯正方法で、インプラント矯正があります。

インプラント矯正とは?

インプラント矯正を行っている歯科医院は多くありませんが、インプラント(またはミニインプラント)を固定源として使用することによって歯の確実な移動が可能となり、矯正にかかる治療期間が、約半分ほどに短縮され、さらに良い治療結果が得られやすくなります。インプラント矯正は、舌側矯正と同時に行われる場合もあります。

インプラント矯正の治療の流れ、治療期間は?

①基本的には、一般的なワイヤーを使った矯正と同じような治療の流れで行われますが、矯正にかかる期間は通常のワイヤーを使った矯正よりもはるかに短くなります。
患者さんの状態にもよりますが、場合によっては、ワイヤーを使用した矯正の半分程度の治療期間で矯正が終わることもあります。

②まずは矯正を行うにあたり必要な検査を行いますが、虫歯があったり歯周病があったりする場合には、矯正を始める前にそれらの治療を終えておく必要があります。
また、ケースによっては何本か歯を抜く必要になることもあります。
(特に親知らずは、多くのケースで抜くことになります)

③ワイヤーによる歯の移動期間は、患者さんの状態により大きくことなりますが、通常のワイヤーを使用した矯正では、平均的には2~3年程度、歯を抜かずに済むような簡単な矯正では6ヶ月~1年程度、難しいケースでは、3年以上かかることもあります。
インプラントを使用した場合にはこの治療期間が、最大で約半分程度に短縮します。
インプラント手術を行うタイミングはケースにより様々ですが、矯正用のインプラントを打つ手術時間は大体1本5~10分程度です。
これはほとんどの場合簡単な局部麻酔のみで行い、入院や全身麻酔が必要になることはまずありません。
ワイヤーで歯を動かしている期間中は、ワイヤー調節のために1~2ヶ月に1回程度通院する必要があります。

④矯正で動かした歯は、放っておくと必ず元に戻ろうとします。そのために矯正が終わった後には歯の戻りを防ぐために「保定」と施術を行います。
「保定」には取り外し式の装置を使う方法や歯に針金を貼り付ける方法など様々な方法があり、期間も1~2年程度のものから一生のものまであり様々です。
この「保定」を正しくと行わないと、せっかく奇麗に並んだ歯が後戻りしてしまいます。保定期間中も数ヶ月に1回程度通院が必要になります。

オンライン予約はこちら

院長 : 松川 寿幸

十分な治療時間を確保し、皆様とのコミュニケーションを大切にしながら、治療を行っております。
まず皆様とのカウンセリングを通じて、コミュニケーションをはかり、メンタルな部分からサポートしていく事を大切にしています。

■昭和63年
鶴見大学歯学部卒業
同大学第一口腔外科入局
開業医にて勤務医を経て
■平成7年
デンタルオフィス松川開業
■平成9年
医療法人社団松寿会設立

・日本歯周病学会会員
・日本口腔インプラント学会認証医
・WDSC(スタディグループ)所属
・和光市立第5小学校学校評議委員
・大和すみれ幼稚園園歯科医