インプラント治療

インプラントで普通の生活を取り戻す

インプラントで普通の生活を取り戻す

インプラントとは人工歯根のことです。歯が抜けたところの骨にインプラントを埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。インプラントはチタン製で骨と結合するので、しっかり固定されます。また、人工歯は色合いなどを調整できるため、機能性も審美性も天然歯に近いものとして使用することができます。 インプラントは義歯として非常に優れている点が多く、当院でも積極的にインプラント治療を行なっています。また、年齢制限なく治療できるので、義歯についてお困りの親御さんにもご検討いただきたい治療方法です。天然歯のように食事を楽しんだりたくさん笑ったりできる生活を、再び取り戻してみませんか。

インプラントが優れている理由

  1. 1

    天然歯のようにしっかり噛める

    インプラントが骨と結合するので、しっかり噛んで食事を楽しむことができます。

  2. 2

    自然な見た目なので義歯とわかりづらい

    患者さまの歯に合わせて色や形を調整できるため、ほかの人からは義歯であることがすぐにわかりません。

  3. 3

    ケアがとてもシンプル

    取り外す必要がなく、口内に装着したままいつもどおり歯磨きするだけです。

  4. 4

    口元に自信が生まれる

    機能性も審美性も天然歯に近いレベルなので、仲間とのおしゃべりや旅行なども普段どおり楽しめます。

  5. 5

    残った歯に負担がかからない

    インプラントは天然歯と同様に顎骨を固定源としています。そのため、ほかの歯に負担をかけることがありません。

当院のインプラントの特長

院長は日本口腔インプラント学会認定医

院長は日本口腔インプラント学会認定医

日本口腔インプラント学会は歯科医療発展、歯科医師らの学術向上などを目的として活動している国内でも歯学系最大の学会です。 日本口腔インプラント学会には、認定資格条件を満たしたうえで厳しい試験に合格したことを証明する認定制度があります。当院院長は、インプラントの知識と技術を充分に有していると認められた認定医です。インプラントについてはあらゆる実績を積んでいますので、どうぞ安心してご相談ください。

より手術の負担が少ないフラップレスインプラント

より手術の負担が少ないフラップレスインプラント

フラップレス術式は、メスを使って歯肉を切開、縫合することなく、小さな穴を開けてインプラントを埋め込む治療方法となります。 これにより、手術中の痛みや腫れ、出血がほとんどなくなるので、患者さまに負担をかけることなく治療を進めることができます。また、手術後の自然治癒に必要な時間が短縮され、結果的にインプラント治療全体にかかる期間が短くなります。 手術中や手術後の痛みなどが気になる方はご相談ください。骨と歯肉が充分にあることが条件となりますので、検査結果を見ながら適応するか判断します。

抜歯した日に仮歯が入る抜歯即時荷重

抜歯した日に仮歯が入る抜歯即時荷重

一般的なインプラント治療では、きちんと噛めるようになるまで数ヵ月という長い期間が必要です。また、仮歯が入るまで歯のない状態で過ごすことになってしまうという審美面での不自由さが、患者さまの負担となります。
しかし近年、「抜歯即時荷重」という新しい治療技術が開発され、インプラントを埋め込んだ当日または翌日に仮歯を装着し、すぐに噛めるようになりました(※)。治療が終わるまでの期間は、一般的なインプラント治療とほとんど変わりませんが、仮歯がすぐに入り、審美面での不自由さがなくなるという大きな特長があります。
ただし、誰にでも適用できるというわけではなく、顎骨に充分な量や硬さがあることや、インプラントと顎骨の初期固定(埋め込んですぐに両者がしっかりと結合すること)がよいことなど、いくつかの条件を満たしている方にのみ適用できます。
インプラント治療を抜歯即時荷重で受けたいという方は、歯科医師とよく相談のうえ治療をお受けください。
※硬すぎるものは控えていただく必要があります。

精確性・安全性を高めるガイデッドサージェリー

精確性・安全性を高めるガイデッドサージェリー

インプラント治療には、顎骨にインプラントを埋め込むという処置が欠かせません。しかしこの処置は簡単ではなく、万が一インプラントを不適切な埋入位置・角度で埋め込んでしまったら、治療が成功しないだけでなく、患者さまの健康に悪影響を及ぼしてしまいます。
そのような事態を避け、より成功率の高い治療を行なうため、当院では「ガイデッドサージェリー」を導入してインプラント治療を行なっています。ガイデッドサージェリーとは、3Dシミュレーションソフトやサージカルガイド(手術用テンプレート)を使ってインプラント手術を行なうことです。
最初に、歯科用CTで撮影した画像を3Dシミュレーションソフトで解析します。次に、インプラントの適切な埋入位置・角度、最終的に装着する人工歯の形状などを、コンピューター上ですべてシミュレーションします。最後に、コンピューターにより設計されたサージカルガイドを使い、インプラントを埋め込みます。これにより、細部まで緻密に計算された埋入位置・角度でインプラントを埋め込めるので、精確性・安全性の高いインプラント手術をご提供できます。
患者さまにもシミュレーションをご確認いただけるので、ご自分の治療内容をきちんと把握でき、安心して手術に臨んでいただけます。

症例

現在準備中です。